採用情報

先輩の声

大牧 弘実

大牧 弘実
Q1入社のきっかけ
父親が自営業で家具屋を営んでいます。まず木工の道へ進んだのはその影響があります。入社のきっかけですが、やはり工場の方のあいさつ、元気な姿を見て自分も入社したいと感じました。
Q2仕事内容
私の職場は木取りという工程になります。製材された材を選別し、製品に敵した部位へ切り分けます。その他には、曲げ木、接着も行っています。現在は木取られた材を正寸に加工する工程を担当しています。
Q3やりがい
仕事内容は各部署によりさまざまですが、1人1つのラインを担当します。つまり、1人1人が責任を持って行わなければいい家具を作れません。自分の技術向上いい家具作りへ、いい製品になるというやりがいを感じています。
入社希望者へのMESSAGE
飛騨にはたくさん家具を作っている会社があります。その中でも柏木工はあいさつや、働いている方々が非常に活気があり、仕事をしていて楽しいと感じます。一緒に楽しく家具を作りませんか?

垣内 康介

垣内 康介
Q1入社のきっかけ
きっかけは転職です。前職に行き詰まりハローワークに行ったところ柏木工を見つけました。木材を削るのは気持ちよさそうだな、と安易な気持ちで応募しました。面接を受け見事に合格。私の人生を変える出会いとなりました。
Q2仕事内容
主にイス、ソファーの加工、研磨、組立を担当。
Q3やりがい
納得のいくものが作れたときです。毎日作業していてもなかなか100点満点の納得のいくものは作れません。仕上がりをイメージし、1つ1つの工程を慎重に積み重ねていくことで100点に近づけるように心がけています。
入社希望者へのMESSAGE
柏木工は前向きでやる気のある人に対してはかなり自由度の高い会社です。会社が良くなるのであれば私達は変化を恐れません。一緒にあなたの理想の会社を作り上げましょう!

入江 未来也

入江 未来也
Q1入社のきっかけ
初めて柏木工に来た時に印象的だったのは元気な挨拶でした。綺麗な環境や湧き出る活気と明るさを感じ、「ここだ!」と確信しました。入社後は先輩達の優しさに触れ、「やっぱりここで良かった」と今も思っています。
Q2仕事内容
短くて1500mm、長くて3600mmの材を必要な長さと幅に切り分けています。とはいえ何でも良い訳ではなく、強度が必要・不必要な部位で「適材適所」を考えながらの仕事なので非常に気を使う作業になります。
Q3やりがい
木取りは、最初で最後の工程です。木材の美しさを人の手では変えられないため、木取る人の目利きが製品の表情を決する要になります。その責任と緊張感は、製品が綺麗に仕上がった時にやりがいへと繋がっていきます。
入社希望者へのMESSAGE
「こんな仕事をしたい!」という思いも大切ですが、最も大切なのは職場の仲間です。「仕事は好き、でも人間関係が・・・」なんて事にならないためにも、目指す会社の雰囲気をしっかり掴み自分に合う環境を探して下さい。

谷口 愛海

谷口 愛海
Q1入社のきっかけ
入社のきっかけは、工場見学をした時、挨拶がとても大きく、当たり前の事がしっかり出来ているなと感じました。また、インターンシップや産業現場実習でたくさんの方に優しくして頂いてこの会社ならしっかりと働いていけると思い入社しました。それに小さい頃からものづくりが好きで、高校に入ってからは人の役に立ちたい、人を笑顔にしたいと強く思い、それをものづくりで出来たらなと思い入社しました。
Q2仕事内容
私の主な仕事内容は、ソファー・椅子のスミ木や座受といった部品と簡単な前組と丸物の簡単な穴あけ・カットをしています。スミ木や座受は他の前脚・背板・肘・後脚・長物・幕板ラインよりもとても小さな部品を作っています。
Q3やりがい
やりがいを感じる時は、小さな部品でもソファー・椅子に大切な部品で私がつくっている部品が役に立っている事やお客様の所へ行き使ってもらいお客様に笑顔になってもらい喜んでいただけた時です。
入社希望者へのMESSAGE
柏木工は、働いている方が優しく、困った時は相談に乗ってくれる方達がいて、楽しく仕事が出来る会社だと思います。ものづくりに興味がある方、ものづくりで人の役に立ちたい方是非是非一緒に働き、技術も高め合い楽しい職場にしていきましょう。

倉地 康一郎

営業の仕事は一言でいえば売上をつくる事ですが、その業務内容は担当となる取引先によって異なります。

私の場合は商品開発配属前は営業部でOEM(他社ブランド商品生産)の販売先を担当しており、商品に関する問い合わせなどに対応する一方で、新商品の開発を行っていました。

営業なのに?と思われるかもしれませんが、販売先の要望を直接商品へ反映させるためにこのような体制をとっています。入社時は製造職でしたが、もともと商品開発がしたいと思っていました。

社内のクラフトコンペに出品するなどのアピールがこの職場への移動につながったと思っています。営業ならではの煩雑な業務もありますが、作る側、売る側、双方の視点で商品開発ができる点に魅力を感じています。

ページの先頭へ戻る